卵殻膜 効果効能

卵殻膜の3つの効果効能をご紹介

卵殻膜の3つの効果効能をご紹介

 

今回は、ビューティーオープナーのメインの成分でもある卵殻膜の効果効能について、解説していきたいと思います。

 

卵殻膜の不思議なパワー。

 

まず卵殻膜というのは、卵の殻の中に入っている薄皮のことを指します。

 

卵は親鳥に産み落とされてから、親鳥の栄養を享受しないのにも関わらず、ヒナ鳥の体を形作っていきますよね。

 

さらにヒナ鳥に羽毛をつけさせて、最終的には自力で卵の殻を破って外の世界に出る力をつけさせるという、考えてみると非常に不思議なパワーを持っていることになります。

 

現在も力士は稽古や本番の試合で怪我をした際に卵殻膜を貼って治すこともあるそうなんですね。

 

卵殻膜の3つの効果効能とは?

 

ここからは、卵殻膜に自然配合されている成分を採り上げつつ、3つの効果効能それぞれについて説明していきますね。

 

卵殻膜の効果効能@

 

卵殻膜のメインの成分はタンパク質なんですが、このタンパク質の中に、人の肌や髪に非常に近いアミノ酸18種類に加えて、ヒアルロン酸やコラーゲンも天然の状態で含んでいるんです。

 

これら以外にも、シアル酸、デスモシン、イソデスモシン、プロテオグリカンなどの肌に良い成分が配合されているから、モチモチとした弾力のある肌に導いてくれるんです。

 

卵殻膜の効果効能A

 

美肌成分のシスチンがたっぷり含まれているんです。

 

そのため、髪や肌を美しいままキープしてくれる効果が期待できるんですね。

 

卵殻膜に配合されているアミノ酸18種類の中の1つがシスチンになるんですが、人の肌と比べて5倍以上のシスチンが卵殻膜には配合されているんです。

 

他の食品においては、シスチンは小麦や大豆などのタンパク質の中にたくさん配合されているんですが、このような食品と比べても、卵殻膜の方がシスチンがダントツで多く含まれているんですね。

 

シスチンは、人間の体内で「L-システイン」という成分になります。

 

シミやそばかすケア用の化粧品にも「L-システイン」はよく含まれているので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

 

卵殻膜の効果効能B

 

赤ちゃんの肌に多く含まれている「3型コラーゲン(通称ベビーコラーゲン)」のサポート効果があるんです。

 

人間の肌のおよそ70%は、3型コラーゲンと1型コラーゲンで成り立っていて、前者の3型コラーゲンには、肌の弾力を保つ効果効能があるんです。

 

ですが、そんな3型コラーゲンも、20代の半ばころから徐々に減少していくんです。

 

いわゆる「お肌の曲がり角」という現象はこのことを指していて、この3型コラーゲンの減少により、肌が徐々に硬化することによって皮膚がたるんできたり、弾力がなくなってきたりといったことが起きてくるんです。

 

しかし、減っていく「3型コラーゲン」を補う効果が卵殻膜に存在することが、近年の研究で明らかになってきたんですね。

 

ビューティーオープナーで卵殻膜の効果を実感できます。

 

ここまで読み進めていただいた感想はいかがでしょうか。

 

卵殻膜には髪や肌を美しい状態でキープするエイジングケア効果が、しっかり認められているんですね。

 

ビューティーオープナーの公式販売店でも卵殻膜の効果がまとめられていますから、ぜひ目を通してみてくださいね。

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

.